スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドロップキック!!

毎年恒例の新日本プロレス1.4東京ドームがもうすぐ行なわれます。
まだ、アントニオ猪木が現役晩年の頃から開催されていたプロレスファンには
お馴染みの1.4東京ドーム!
今年で何回目なのでしょうか?
K-1もPRIDEもその他の格闘技団体やプロレス団体が次々と姿を消していく中で、
毎年毎年、こんな大きな規模の大会を継続して続けていく新日本プロレスに感服します。

私は個人的にはプロレスはずっと熱心に見続けていたのですが、PRIDEなど総合格闘技に
よってプロレス幻想を打ち砕かれ、WWE以外のプロレスを殆ど見なくなり、時たまTVなど
で見かけても、台本通りの中途半端な格闘遊びみたいな感じでしか見る事が出来なくなって
全くワクワク感がなくなっていました。
中邑、棚橋、等新日本にも期待の選手はいっぱいいましたが、試合を見ても全く心に響いて
こなかったのであります。
変にWWEの真似してショーアップされた感じや先の読める展開、キチンと成立していない技ばかり
で(当たっていない、決まってない)逆にどんどんプロレスから遠ざかってしまう位でした。
猪木を始め初代タイガーマスクや長州、UWFの試合等は熱かったし、台本あろうがなかろうが、
バチバチしばき合ってました。
が、そんな昭和プロレス育ちの冷めてしまった私の心をある一発の選手のドロップキックが
打ち砕きました。
その選手の名は『超新星・オカダ カズチカ』

素晴らしい。その動きに目を奪われました。とてもスムーズなプロレス的ムーブを見せるし、
受けも上手い。何より技の1つ1つに説得力があり、的確。
手足が長く、タッパがあり、均整のとれた体格から見栄えするバネのある動き。
武藤敬司のWCWからの凱旋試合の時も凄かったですが、膝の故障が悪化したため、
そのとてつもない素晴らしい動きは短い期間しか見れませんでした。
そのときの武藤に匹敵する期待感をオカダに感じました。
ドロップキックの説得力はその昔全日本に来日していた故ダグファーナスを凌駕!
ツームストンドライバーはこれでしょという説得力をキチンと見せてくれます。

オカダの試合はIWGPの棚橋戦、後藤戦等主要な試合しか見ていないのですが、
久しぶりにワクワクする、また見たいと思わせてくれるプロレスラーです。

そのオカダがIWGPをかけて棚橋とメインで対決!
その他にも桜庭和志が中邑と対決!など
久しぶりに、台本無視で楽しめそうな1.4東京ドーム!

まだ『オカダカズチカ』を観ていない昭和プロレス世代の皆さん
一見の価値ありです。新しいプロレスの希望が見えるかも知れません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パパバンプ

Author:パパバンプ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。